もう悩まない!生命保険 比較

知人に勧められたから、加入していないと何となく不安だから、という理由で生命保険に加入している人も多いのではないでしょうか。毎月保険料を払っているのですから、保険内容が加入者に最適である必要があると思いませんか?

生命保険といっても様々な種類があります。期間の決まっている定期型保険、一生保障してくれる終身保険、もちろん終身保険の方が保険料は割高になります。次に、万が一の時に遺族に残す死亡保障に重点を置くのか、生きている間に不自由することがないよう医療保障に重点を置くのかも気になります。

近頃の生命保険は、加入者の色々な要望に応えてくれます。つまり、まずは生命保険 比較をして、自分が何に重点を置くのか考えてみると良いでしょう。人生のライフステージ、家族構成によって、何に重点を置くのか変化していくと思います。結婚したばかりで夫婦共働きの場合、大きな保障は必要ないでしょう。

しかしお子様が生まれ家族が増えてくれば、残されたお子様の学費であったり、生活費であったり、手厚い保障が必要になってきます。またお子様が独立されたときには、また保障を下げても良いでしょう。つまり人生の節目節目に保険を見直し、カスタマイズしていくことが大切になってきます。

これからの高齢化社会に備えて、個人年金を検討してみるのも良いでしょうし、個人の価値観で生命保険 比較検討することが必要です。生命保険業界には外資系の商品もたくさん参入してきています。どこの生命保険会社を選ぶのか、ファイナンシャルプランナーのようなプロに相談してみるのも良いですが、最終的には個人の責任で決断することになると思います。合併吸収の多い業界でもありますので、生命保険会社の検討は慎重に行うことをおすすめします。

NEW TOPICS

2017年06月09日
ホームページを更新しました。